top of page
  • 執筆者の写真Miki

AIイラストに対抗する一つの方法



人間が1枚の絵を描いてる間に、100枚ほど描いておきました。byAI…?

ご覧頂きありがとうございます。いつもお世話になっております。

イラストレーターとしても活動している、ART BLUEPAのデザイナーMiki Yumeです。


このページにはAIイラストに対抗するすべを一つだけ記載しております。

気軽に書いているので、お気軽にご覧ください。


そもそもAIイラストってなに?


皆さんはAIイラストを作成して遊んだことはありますか?

このページをご覧になっているということは、絵を描くことや美術にご興味がある方かと思われます。


そんな方はもうご存じでしょうから

AIイラストの説明は下記に要約します。


 ●AIイラストは、人工知能が生成したデジタルアート。アルゴリズムとデータからクリエイティブなイラストが自動生成され、恐ろしく速いスピードで完成度の高い画像が出来る。


まだ遊んだことがないという方は、案ずるより産むがやすし面白いのでぜひ試しに無料AIイラストサイトで遊んでみてください。(また今度記事でオススメサイト載せてみますね)



イラスト紹介と苦肉の策


私は絵を描くのが好きです。


よく描くのは↓こんな絵ですが、


イラストレーター名:さくらいゆめ


Instagram(下記外部リンク):

さくらいゆめ(@penacolo) • Instagram写真と動画興味がある方はリンクからフォロー頂けると嬉しいです。






時にはこんな絵も描きます。↓


デジタルアート

制作ツール:iPadAir

使用ソフト:クリップスタジオ


youtubeでメイキング公開中(下記外部リンク)





私は4日かけてこのイラストを描きましたが、AIにお任せすると似たような画像が数秒で生成されます。


これには理不尽を感じざるを得ません。


そして私はAIアートの画力の前に何を描くべきか半年間悩み、絵が描けませんでした……

(正確には簡単な絵しか描きませんでした。)



そしてaiに対抗するために描くならと

出した答えがこちら

手を入れた絵を描く!!(2023年8月現在)


……こんな事でしか対抗策を見出せていないのが現状です…😭


aiは手を描くのが“今は”苦手で

顔はとても上手なのに

絵の手を見てみると思った結果に生成されない事が多いのです。


そこで手をうまく描くことが出来れば、この部分だけは優勢だと考えております。


上手く活用しつつスキルアップしましょう


でも私たちってaiと何かを競う必要はないはずです。

aiを上手く活用して、イラスト制作を倍速で楽しめるようになれば

1番良いのかなとも思います。・・・が、


でもなんだか悔しい‼︎

やっぱり競う気持ちを持って、もっといいものを作るぞ!というモチベーションで自身のイラストのスキルアップを目指しますね。


皆さんもaiに勝てる方法を見つけたら

共有してくださると嬉しいです。


ではまた。



-<広告>-









閲覧数:17回1件のコメント

1件のコメント


Kobo Chan
Kobo Chan
2023年11月19日

インスタから飛んで、ブログを読ませていただきました。「手を入れる」というアイデア、面白かったです。AIとはそもそも既存のデータを学習することで限りなく「完全」に近いものを作り出すものだと思います。仮にそれを逆手に取るとするなら、「不完全」なもので価値を生み出すのが一つの手かもしれません。作品を見る人間側には情報を補完するという能力があるので、「不完全」な方がむしろ想像力を刺激する作品がつくれないかな・・・抽象的な話になってしまい申し訳ありませんでした。応援しています。

いいね!
bottom of page